スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.04.28 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    つながりフェスティバル!

    0
       こちらのブログでは事後報告になり申し訳ありませんが、11月18日(日)、岐阜市金(こがね)公園で開催された「つながりフェスティバル」に、私のマスクのお店「菜花屋(なかや)マスク店」を出店してまいりました。事後報告ですみません。何しろマスク80枚も作ってたもので・・・(フル稼働のミシンさんありがとう)。えっ、それで何枚売れたかって?いきなり報告しちゃう?ええとねーー

      50枚売れましたーーーー

      ありがとうございます。純粋にうれしいです。
      お店の名前も事後報告。「菜花屋(なかや)マスク店」でございます。お見知りおきを。





      今回の「つながりフェスティバル」http://tunagari.chu.jp/、スペシャルゲストは何と言っても小出裕章先生、そして、フライングダッチマン。
      小出先生は講演と講演の合間につなフェスに立ち寄って下さり、15分間の短い時間でしたが、「私はこれからもずっと私であり続けたい」という言葉を残して去って行かれました。帰り際の貴重な時間に、この日のために用意した『NO NUKESメッセージマスク』をお渡しすることができ、光栄でした。

      そして、生で聴いてきました「Human error」。皆で「LOVE!」と叫んで、Leeさんにもマスク渡してきました!

      なぶちゃんは、パイプ椅子とキャンピングマットを家からかついでJRに乗って行ってくれたのである。私はコルクボード2枚と看板と80枚のマスクを。
      電車で岐阜のイベントに出店しに行く、ってできるだろうか?と思ったけど、やってみたらできた。もうどこでもお店出せるなあって思う。これは余談ですが。

      もちろん、この二組以外にも多くの素敵なゲストが登場し、反原発・脱原発の思いを持った仲間たちがまさにつながり、ここちよい空間がそこにありました。
      けれど、主催者の林ちささんとゲストとのトークの中で、やはり震災・事故から時が経つにつれ、みんなの心の中で原発事故が過去のもの、そして他人事になっているのでは、という話題が何度も出ていました。つなフェスが開催された岐阜市は、福井の美浜原発・敦賀原発・大飯原発から80キロ圏内。こんなことは言うまでもなく、この日本の中に、原発事故が他人事にできる場所なんてどこにもありませんよね。

      「子どもたちのいのちと未来を守りたい」その願いのもとに、このつながりが消えずにどんどん広がっていきますように・・・!思いが届きますように!と、願いを新たにした1日でした。

      はるばる賛同人仲間のぐっさん一家もかけつけて、マスクモデルになってくれました。一緒に幸せを共有できてうれしい!
      (なかこ)

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.04.28 Friday
        • -
        • 13:15
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック