inomira cafe

0
     
    5月11日(金)、inomira cafe△諒鷙陲任后

    場所は前回と同じく、「南栄まちかどステーション」。
    告知がGW中だったため、多くの参加は期待していなかったのですが、
    新しい顔、おなじみの顔、大人、子ども合わせて14名。
    ちょうど会場のスペースに見合った人数が集まり、新しい出会いの場、
    情報交換の場を持つことができました。

    今回、やはり一番の話題はがれきのこと。
    がれきの広域処理反対を呼び掛けるチラシをポスティングする活動を
    しているYちゃん、身近なお友達に呼びかけ、環境省への署名を集めて
    来てくれたMさん、独自に県へ要望書を提出したり、がれきに関する情報を
    まとめて、ネットで配信するなどの活動をされているKさんが初参加してくれ
    ました。

    それぞれが「子どもたちを守りたい!」「この国はどうなっていくのだろう?」
    「私にできることはなんだろう?」との思いから、自分なりの行動にうつされていて、
    心強く感じました。一人一人の活動が出会いによってつながり、太く強く
    なっていくといいなあと思います。

    また、お昼の時間には、「南栄まちかどステーション」の主催者で、市議の
    渡辺則子さんが顔を出してくださいました。いつもみんなにエネルギーを
    くださる則子さんです。

    以下に、今回あがった課題をまとめてみました。

    *がれきの問題(まだまだ危機感を持っている人が少ない。テレビ・新聞の
     情報をうのみにしている。そして、自治体よりも手ごわい民間業者の問題)
    *豊橋市の給食食材の放射能測定に対して、次のアクションを。
     (検出限界値が高い、検査時間が短い。会で独自にデータを持てないだろうか?)
    *小・中・高校の放射能副読本の問題点を洗い出し、市の担当者と勉強会を
     持つ(則子さんより提案。5月中!)
     放射能副読本こちらで見れます

    3月、4月はがれきのことばかりでしたが、気づけば給食検査の検出限界値は20ベクレル。
    気づけば子どもたちの手には、放射能副読本が配られています。
    どれも差し迫った問題ばかりで、どれから手をつけていいのやら・・・ですが、
    みんなでできることからがんばっていきましょう。

                                           (なかこ)


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.20 Friday
      • -
      • 15:10
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック